ヒーラープロフィール

池上 由美子
1967年生まれ、みずがめ座、A型
東京女子大学文理学部を卒業後、弁護士秘書、外資系企業の社長秘書を経て、ヒーラーとして独立。

認定資格・学んだこと
米国クリアサイト認定クレアボヤント(透視リーディング)
eclipse スピリチュアルティーチャー育成プログラム 修了
eclipse 各種講習及びヒーリングスキル
(エグジステンシャルヒーリング・SVトレーニング、グルの覚醒、滅びの癒し、
能力開発、レムリアンシャーマン覚醒プログラム、その他)
英国ホリスティックヒーリングカレッジ認定上級ソウルプランリーダー
ヒーリングクァンイン・スピリチュアルヒーリング講座(初伝・奥伝)修了
空(くう) アドバンスセミナー 修了
カーシステム神聖幾何学ヒーリング プラクティショナー
レイキラディアンスシステム マスター・ティーチャー
セラフィムブループリントレベル1 プラクティショナー
音叉ヒーリング、ユング派夢分析、TFT思考場療法、
アカシックレコードリーディング、クリスタルリーディング、カードリーディング など


現在に至るまでのこと
常に自分自身に対して厳しく、ありのままの自分を許すことが難しい子供時代でした。非常に厳しい両親の影響もあり、何事も100%出来ないと自分を認めることが出来ず、どうしたら完璧な自分になれるか、どうしたら自分が好きな自分になれるか、いつも自分を変えることばかりを考えていました。父の仕事の関係で何度も転校を経験しましたが、自分のことが好きではなかったので新しい場所で新しい人間関係の中に溶け込むことに苦労し、その対策として出来るだけ人に受け入れられるために、本当の自分をそのまま表現せず人に合わせるということを覚えました。自分を表現せず人に合わせるということをしていくうちに、だんだん自分の本当の気持ちが分からなくなり、自分を見失っていきました。「自分は素のままでは人から受け入れられない」、「優秀でなければ認めてもらえない」、「いい人でなければ人から好かれない」…などの制限を作って自分に課し、天真爛漫な明るい人間として振る舞いながらも、実際にはかなり内向的、内省的な日々を送ってきました。

一方で、私は自分が肉体だけの存在ではなくスピリットとしての存在であることを認識していた少し変わった子供でした。小学校に上がったくらいの頃から自分の肉体との同一視が出来ず、鏡に映った自分を見ても他人を見ているような気持ちになることがよくありました。肉体を持ってこの世界に存在する理由や霊魂は死後どうなるのかなどについて非常に強い興味をもち、常にそのような問いに対する答えを探していました。このような精神的な性質に加え、ありのままの自分を許せない辛さもあり、心の平安を求めて、かなり若い頃から精神世界に深く傾倒していきました。10代後半の頃、精神世界への興味を友人に話したところ、そのような話をすると頭がおかしいと思われるからやめた方がいいよと助言され衝撃を受け、そのことによって「私は人とは違う」、「私が心から信じることは人からは理解されない」という新たなコンプレックスを持つようになりました。それ以降は精神世界への関心を誰にも話すことなくひたすら自分一人で追求してきました。関連書籍を読みあさる傍ら、夢の記録・分析や瞑想を行ったり、様々なセミナーやワークショップに参加して、精神性、霊性についての理解を深めていきました。学びの過程は、自分の嫌な部分に目を背けず真正面から向き合う、かなり辛いプロセスでもありました。それまで自分を守るために身に付けていた仮面や鎧に気づき、それらを脱ぎ捨て、ネガティブな感情や恐れ、思い込みによる間違った信念体系を手放し、本当の自分に繋がるための大きな変容を何度も経験することになりました。まだまだ成長途上ではありますが、不完全な自分を「まぁいいか…」と許せるようになったことが過去の自分との決定的な違いで、たまに自信をなくしたり落ち込むことがあっても、今はそれを心のどこかで楽んでいる自分がいます。ありのままの自分を受け入れるまでにはたくさんの辛い経験があり長い年月がかかりましたが、今までの経験は私にとってどれも必要なものであり、無駄な経験は一つもなかったと確信しています。

全ては自分が自分として存在するために学んできたことでしたが、自らの経験を活かして過去の私と同じように悩んでいる方のお手伝いをすることが自分にとってとても自然なことに思え、ヒーラーとしてのお仕事を始めるに至りました。数々の大きな変容を経験し成長するにしたがって、次第に自分の内側の叡智に繋がることができるようになり、同時に、以前は無意識に使ってきた直感、共感能力、透視能力なども意識的に使えるようになりました。現在はそのような叡智や能力を使ってクライアント様のお手伝いをさせて頂いております。今までの経験を活かして私が特にお役に立てるクライアント様がいらっしゃること、またクライアント様のお手伝いをすることによって私自身が学ばせて頂けることに日々感謝しております。これからもこの気持ちを忘れず、いつまでも謙虚にお仕事をさせて頂きたいと思っております。